在日特権を許さない市民の会 長崎支部

戦後左翼勢力による自虐的歴史観念に終止符を打ち、散華された先人への感謝と「美しい国、日本」の真の歴史を伝えます。また、特定在日外国人の特権を白日の下にさらし、完全撤廃によって差別がない平等な社会を目指す活動をつづるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

朝の街宣


ずいぶんと朝夕が涼しくなってきた長崎です。

野田ソーリが韓国で約束してきた日韓スワップ5.4兆のニュースは
事前になんの話もない突然の発表。まさに「寝耳に水」。

「やりやがった・・・」

メディアも報道するかと思いきや、「今までの5倍に拡大しました」
というばかり。被災地に投下した額よりも多い金額をなんのためらいもなく投下する
政権がどこにある?

すぐに長崎選出の民主党議員に電話をかけ説明を求めました。
本人はおらず、政策秘書と話すうち、「この国難の時に、なぜ自国民より韓国なんだ?」
「ん?国難?そんなおおげさな、蒙古が攻めてきた訳じゃあるまいし・・・」(音声ファイル有り)
と、この程度の認識しか持たないのが民主党の連中です。
日本人よりも韓国人を優先する傀儡政権「民主党」の本性が露呈したかたちになりました。

・・・一刻も早く叩き潰さなければならない・・・

早速、次の日から朝立ち街宣を始めました。
初日は、無許可だったので警察から止められましたが、今週からはちゃんと許可を取り、
朝からたっぷりと民主党、在日問題、参政権、人権擁護法、TPP&自民党をこき下ろしています。

「がんばれ!」と拍手を頂いたり、缶コーヒーを頂いたり、少しづつ反応が出てきました。

ありがたいことです。 今、皆さんに気付いて欲しい。国家が存亡の危機であることを・・・。












スポンサーサイト
街宣報告 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。