在日特権を許さない市民の会 長崎支部

戦後左翼勢力による自虐的歴史観念に終止符を打ち、散華された先人への感謝と「美しい国、日本」の真の歴史を伝えます。また、特定在日外国人の特権を白日の下にさらし、完全撤廃によって差別がない平等な社会を目指す活動をつづるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ひょんな事から、シナ中共領事館の総領事と対談しました。

晴朗がシナ中共領事館の総領事と非公式に対談しました。その顛末記・・・。

9/20、 ずいぶんと涼しくなって、朝は心地よい風を感じます。駅前で本日の朝街宣のテーマ「平和と戦争の定義」を訴えたあと、3km程離れたシナ中共領事館前での「お散歩街宣」に向かいました。

領事館警備の警官に軽く会釈し早速「お散歩街宣」を始めました。

「ご近所の皆様、大変お騒がわせしております。私は、このシナ中共の行っている尖閣への侵略行為、日本企業への破壊活動、日本人への乱暴狼藉などを国連の常任理事国たるシナ中共が率先して行っているこの愛国無罪的な行為を諸手を挙げて大絶賛しに参りました!」と褒め殺し街宣を始めました。

長崎のシナ中共大使館は、道路から見下ろす感じになっていて、敷地内が良く見渡せます。
始めて3分もしないうちに、建物から3名の人が現れ、2名は門に向かい、一名はじっとこちらを見ています。しめた!と思い「お〜い!お前ら!何日本の企業を破壊してんだよ!日本人に乱暴狼藉働いてるんだよ!恥を知れ!恥を!」とトラメガで叫びました。

じっと見ていた1名がつかつかと歩み寄ってきて、

「あなた何か言いたいことあるなら聞きましょう。どうぞ入って来きなさい。言いたいこと聞きましょう。」

「えっ?本当に? 判りました。すぐ行きましょう。」と厳重警戒中の門に向かいました。

警備のなじみの刑事に、

「入って来いって・・・。」

「だめだよ!ダメダメ!入れるわけないじゃないか!領事館だよ!何言ってるの! 」

「だって、来いって言われたから・・・」

「えっ!いいって言われたの?誰から?」

「領事館の人・・・。」

「えっ?えっ?えっ?」

 と、慌てる警察を尻目に、門の重い扉が開き、

「どうぞどうぞ」

「あっ、すみませんねぇ〜本当にいいんですか?それじゃ失礼して。おじゃましま〜す。」と中に入りました。

建物に案内されながら
「ココはもう中国の土地ですか?」

「そうなんですよ。領事館ですから治外法権です。」

「パスポート持ってませんが良かったですかね?」と冗談を飛ばしながら、応接室へ・・・。

しばらく待つと、中華人民共和国長崎領事館の李総領事が現れました。
名刺を頂き、持ち合わせがない晴朗は本名を紙に書き、ご挨拶を交わしました。

「晴朗さん、あなたは時々この周りで見かけますが、おっしゃりたいことをお聞きしますよ。」

「総領事、いつもやかましくてすみません。私がいいたいことは、昨今の尖閣問題を始め、貴国の行動は我々から見ても、世界から見てもあまりにも横暴すぎる覇権主義です。我々はずっと我慢をしていますが、余り日本人を舐めるなと言うことをお伝えしたいのです。」

総領事は黙って聞いておられました。
「言いたいことは分かります。でもこの周りで大きな声ではっきり言って迷惑ですよ。」

「近所迷惑は承知の上です。私のような一般人が領事館の周りで騒いでも何も変わらないことなんて判っています。 我々日本人は中国の人民のように、大使館にものを投げ込んでガラスを割ったり、破壊行為をするというような”民度が低い”事はいたしませんが、 貴国と貴国の人民の横暴に一人の日本人として黙ってはおれない。

しかし、皆さんに聞いていただくと言うより、日本人に対し言い聞かせている部分もあります。思考力と行動力・世界常識が欠如した平和ボケの日本人に対してね・・・。」

その後、約2時間、膝をつき合わせて、尖閣と沖縄のこと、両国の歴史認識のこと、靖国のこと、核のこと、ウイグル・チベット問題、などなど沢山の意見を交わしました。驚いたことに、彼らは200年前の沖縄や北海道アイヌの例を挙げ、日本の方が覇権国家だと考えている節があることにびっくり。その場で否定しました。しかし残念なことに会談の細かな内容は軽い内容ではないので現時点での公開は差し控えたいと思います。

おそらく私は、日頃総領事が接している県や市の役人からは聞けないような強い言葉も発したと思います。しかし、一般人である私を招き入れ、長時間、意見を交わした総領事はもしかすると日本人の生の声が聞きたかったのかも?とも思いました。

「普通、突然領事館に招かれたら皆さん緊張するんですが、晴朗さんあなたは平然としている。それによく勉強しておられる。」

「総領事、それは褒め言葉と取ってよろしいのですか?私はただ無神経な変な人間なだけです。
ところで、せっかくなかなかこれないところに来たんですから、何か金目のものを頂戴して帰りたいんですが・・・?」と話を締めくくりました。

総領事に門までお見送りいただき、ざわつく警官を尻目に「また街宣に来ます。」「それは勘弁してください」と一人の人間として丁寧にご挨拶申し上げその場を辞しました。

帰ってすぐ、記憶が新しいうちにマル秘内部閲覧用レポートを作成しました。
時節柄、貴重な時間でした。
スポンサーサイト

潜入 | コメント:4 | トラックバック:1 |
<<竹島の日参戦記 | ホーム | うちの近所の風景・・・。>>

コメント

>「言いたいことは分かります。でもこの周りで大きな声で
>はっきり言って迷惑ですよ。」
お前ら虫獄人の方が迷惑じゃ!
2013-01-21 Mon 04:05 | URL | Pakku Rareman [ 編集 ]
素晴らしいです。
堂々として、日本人らしく、そして日本の主張を領事館に伝える。まるで、明治維新の高杉晋作です。
2013-04-14 Sun 21:56 | URL | [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-05-03 Fri 06:03 | | [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-09-08 Sun 16:38 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

晴朗がシナ中共領事館の総領事と非公式に対談しました。その顛末記・・・。9/20、 ずいぶんと涼しくなって
2012-11-21 Wed 04:58 まっとめBLOG速報
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。